ruru on the roof

大好きな絵と絵本と、日々のこと・・

お出かけ

空のしるし

ザルテンの『バンビ』を読んでいたらあんまり情景が浮かぶので一旦、本を閉じて目をつむった。森の中の音を空想したり、男の子らしい子鹿の跳ねるさまを想像したりしているうちに、眠気が押し寄せて寝てしまったみたい。あんまり一瞬で深いところに行ってし…

道案内

よく、道を聞かれます。 小さいときからだけど、最近もっと回数が増えました。一番多いのは、年配の方。それから、外人の方。修学旅行生にもよく聞かれます。変わったものでは、連続で2組に「LUSHはどこにありますか」と女子高生に尋ねられたこと。流行って…

見とれた。。

美しい陶器のような芸妓さんと舞妓さんがふたり、目の前に並んでいた。白塗りのお顔と、金や銀の絢爛な刺繍の着物、帯留めは美術館に飾られていそうなものでした。絵はがきでも通りすがりでもなく、初めてこんなに間近で本物を見たので、息も詰まりそうで、…

小さな白磁のお花の器

主人は窓から身を乗り出して空の写真を撮っていました。 机の上には朝ご飯のヨーグルトが置いてある。電話が鳴った。切ったらすぐ、アラーム音が響き渡る。手帳と財布を忘れてた。歯をみがかなくちゃ。そうだ、足が寒いから、タイツをはこう。「たいへんだ。…

2冊の季節

仕事と仕事の合間に、少し足を伸ばしてカフェにいき、遅い遅い朝ご飯を食べました。(でも仕方ないの。例によってぐずぐずしていたので遅れる寸前になり、本当にぎりぎりで用事を終わらせたのも自分のせいだ、というのは分かっているから。。)お水を一杯、…

大阪

大阪にいってきました。 初めての大阪、しかも主人と一緒です。それは夢のような展開でした。きのう、母から北欧の100円のお店が大阪に出来たらしい、いいなあ、ということを聞いて、主人にそんな話をしたところ、ひと通り聞いてから、ぼそっと、「へえ。…

主人が撮った写真

空の高いところで、風がびゅうびゅう吹いていました。 少し肌寒い夕暮れ、主人と友人の車に乗せてもらって東山から鴨川の方へ向かっていたら、空気がくっきりして、少し淋しいくらいの柔らかい紺色がいっぱいに広がっていました。 「カメラ、ある?」 主人が…

海外からのお客さま、帰る

雲ひとつない甘やかな青い空でした。 今日は、遠足の日。京都に来てから出会ったおばあさまが、そのお友達と英語を勉強中と聞いて、海外からのお客さまを引き合わせることになったのです。7人(うち2人はドイツ人とオーストラリア人!)で伏見の酒蔵を見学…

なんとかなるに違いない

主人が出掛けて、それからゆっくり掃除機をかけ、シャワーを浴び、少しお昼寝までしてから時計を見て気が付きました。 あと5分で出発しなくちゃ間に合わない。 うわあ。どうしよう。一瞬で色んなことが頭をよぎります。遅れる、と連絡しようか。どのルートで…

天気

私の長靴が最近、大活躍している。すごい雨の日が、続いているから。 今日も、移動中あんまり強く降ってきたから雨宿りに喫茶店に入りました。本を眺めたり、考えごとをしていたら、ぴかり。そして、ドーン!と近くで雷が落ちました。お店の中のお喋りも一瞬…

神様のお使い

朝は晴れていたので洗濯機を回して、全部干したところで降ってきた。もう一度お部屋に干し直して、出発。今日は奈良でご用事です。 車に乗せてもらって移動しながら、天窓から雲がかたちを変えていくのを見ていました。素晴らしい。天窓はいい。それが後ろの…

贈りもの

贈りものの用事があって、デパートへよりました。 一直線に、お菓子売り場へ向かいます。洋菓子も大好きだけど、おつかいものは和菓子が好き。だって少し季節をさきどりして、色あいが変わるさまや、お店ごとのただずまいなんかを見るのが気持ちいいのです。…

雨やどり

日傘を救出したら、雨が降ってきました。 サーッとレースのカーテンが降りるように。空が鋭く光って、みるみる大粒の雨が窓のそとに吹きつけます。あーあ。これはたいへん。傘を忘れたんだもの。日傘はあるのだけど。 おうおうにして、似ているけれど、とて…

気がかり

実は、出掛けていた三日間、ずーーっと気になって仕方ないことがありました。 それは、家を出るときにクーラーを切らなかったんじゃないか、ということです。 鍵をしめて、友人の車に乗せてもらい5分後くらいに気がついたのだけど、例のごとくぎりぎりのぎ…

お月さま

姫路にいってきました。 初めて降りたのは8年くらい前。その頃から、ものすごく、駅周辺が変わったので降りたあとどっちに歩いたらいいかとても考えてしまいます。でも今回は、いままでで一番びっくりしました。まるでアトムが出てきそうな、でも昭和の銀座…

京都は自然がいっぱい

ぴかぴかのお天気のなかを朝、地下鉄に乗っておでかけしました。 駅までは少し歩きます。まいにち電車に乗るわけではないけれど、日傘をさして、川を眺めたり葉っぱをみたりしながら進むこの時間は、考えごとをしたり、お話を思いついたりする大事な時間です…

夏の一日

なかなか起きられない朝。でも今日は主人の幼なじみと、友人夫婦と古本まつりへ行くお約束があるのです。 二人でゆっくり、でもできる限り急いで支度をします。 入り口のかき氷屋さんの前で待ち合わせ。今日は、最終日ということもあって前回よりも人が多い…

古本まつりに行ってきた!

下鴨神社の古本市に、とうとう行ってきました! 興奮したのか夜明けに目がふと醒めてしまい、『クローディアの秘密』を最初から終わりまで読んでからキルトにくるまって眠ったので、とてもまぶたが重かったのですが、無事、お日様が高くなるころに出発できま…

ふたりで散歩

今日もとってもとっても暑かったですね。 仕事の合間、めずらしく主人と二人で歩いて移動だったのだけど、(これはうれしい!だって主人はとってもお家が大好きで、なかなかお散歩に出てくれないのです。) 清水五条から、三条まで、灼熱の中道をてくてく歩…

陶器まつり

お仕事帰りの電車の中で、黄色のうちわを扇いでいる方達がいました。 見ると、「陶器まつり」と書いてあります。あら! 降りる駅で、駅員さんに聞いてみると、清水五条でやっているそうです。しかも今日まで!!早速小走りできっぷを買いに 行きます。 うつ…