ruru on the roof

大好きな絵と絵本と、日々のこと・・

思いつき

それは突然のことでした。

この日からこの日まで空いている。

正直にいったら、あんまり愛らしい話でもなんでもないのです。どちらかというと銀行家がこちらからこちらへ融資を、というくらいクールに、そういう時はなぜだか頭がぎゅいーんと動き出す。

もうその時には本棚から本を出しているのです。

それから、持っていくものまで頭の中で考えている。

「なにしてるの?」

目がらんらんとしている私を主人がじーっと見ていました。

「旅に出たいの」

「どこに?」

あのね・・・

こういう時は主人の気配が大切。私はしょっちゅう無茶をいうから、警戒するのです。でもこういうタイミングで話が動くときは、だいたいその通りになるので、今回も無事、私の思いつき通りになりました。友人夫婦に早速すぐに相談して、4人で行くことが決まり、わくわくが倍増します。夕方には旅行会社に連絡して、お金を振り込んできました。

うふふ。

 

突然、清潔で広い空港にいって、すました顔して時刻表を見たくなったり、知らない言葉をシャワーみたいに浴びたくなったり、思う存分迷子になりたくなったり、するものなのです。帰ってやっぱりおうちが一番と思ったり、行く前になったらやっぱり面倒になり、予約するんじゃなかったとか思うのは分かっているのだけど。

ああ楽しみ!

f:id:rumir:20110119014338j:plain