読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ruru on the roof

大好きな絵と絵本と、日々のこと・・

2冊の季節

お出かけ

仕事と仕事の合間に、少し足を伸ばしてカフェにいき、遅い遅い朝ご飯を食べました。(でも仕方ないの。例によってぐずぐずしていたので遅れる寸前になり、本当にぎりぎりで用事を終わらせたのも自分のせいだ、というのは分かっているから。。)お水を一杯、飲んだきりだったのでパンケーキもカフェオレもとっても美味しかった。惜しむらくは、お腹がすきすぎて、パンケーキにかけるもののチョイスを安易に決めてしまったこと。手作りのフランボワーズのジャムか、蜂蜜か、ヌガーチョコを選べるのに、なぜか慌てて蜂蜜を注文してしまった。隣でおじさんが、美味しそうにヌガーチョコをスプーンですくって食べているのがとっても羨ましかったし、カウンターにいたお姉さんの背中ごしに、フランボワーズの赤がいかにも艶やかに光っていた。もちろんとても美味しかったけれど、使い切れずにたくさん残った蜂蜜がちょっと、心残り。

 

地下鉄の駅から出てきたら、金色のひかりが背中いっぱいに当たりました。振り返ると広がった空いっぱいに雲がぽこぽこ夕陽を浴びている。まるで舞台を眺めているような気持ちで、しばらく立ち止まってしまいました。

まだ少し時間があったので、駅にあった大きな本屋に寄りました。お腹がいっぱいになったので機嫌がよく、何冊か文庫を選び、棚から秋らしいポストカードを2枚選んで、それから来年の手帳を買いました。ここ数年は、モレスキンのマンスリーを使っています。色々試したけれど、字を書いたときの感触がとても滑らかで気持ちいいし、やっぱりこれが飽きなくて使いやすい。

そのあとの打ち合わせで、早速、その手帳に書き込む機会があって、ちょっと嬉しかった。しばらくは、2冊の手帳を持ち歩く。出先で手紙を書くことが多いから、ゆっくり住所録を写していったり、誕生日を書き込んだりしていく。そうやって少しずつ少しずつ写しかえて行く作業は、毎年のことだけどちょっと淋しいな。。

f:id:rumir:20130807181100j:plain