読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ruru on the roof

大好きな絵と絵本と、日々のこと・・

広告チラシ

おうちで

京都には美しい洋館がたくさんあって、中はどんなだろうと扉を開けたところを想像することがよくあります。これが自分のものじゃないなんて悔しいくらいに素敵だと思うの。しょっちゅう。

不動産情報のチラシが大好きで、ポストに入っていたら大事に広げて隅から隅まで読む。マンションや一軒家の間取りを見たら、この部屋はこう使うなとか、窓はこっちの向きねとか、収納をチェックし、それはもう心躍るひととき。

「このお部屋、どう思う」

「君がピアノの部屋にしたらいいじゃない。僕は、この部屋を書庫にしようと思う」

「じゃあここを客間にしましょう」

二人で間取りで遊ぶための、ノートまである。空想の中では100軒以上、自分達のおうちになっているの。

 

テナントがまた、とても面白い。だって京都だもの。坪庭のある渋ーい町家は勿論、レストランの居抜きとか、モダンなショールームとか、7畳くらいの小さな小さな物件なんて山ほどあって、心からわくわくしちゃう。私だったらここで古本屋さんするかな、とか、屋根が可愛いから雑貨やさんにしよう、とか、地図を引っ張り出して、この場所なら食べ歩きのできるお菓子やさんにしたらどうかしら、とか、カフェも一軒はほしいとか、やっぱりレストランでもいいとか考えていたら、あっという間に一日が過ぎてしまう。あんまり好きすぎて、この間なんてこっそりテナントの見学までしてしまいました。

たくさん欲しいお店がある。でもやっぱり、ちょっと高い。誰か私にくれたら、きっと素敵にするんだけどなぁ、と考えて笑ってしまったりする。

 

また雨が降って来た。台風がきているらしい。新しい私のお店に入るときはいつでも、晴れた日が頭に浮かんでるのだけど。。何だか明日は出掛けたくないな・・・

f:id:rumir:20130702143600j:plain