読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ruru on the roof

大好きな絵と絵本と、日々のこと・・

ふたり

おうちで

お湯の中で体がゆるゆるほどけていくのを幸せに感じていたら、主人が帰ってきた。

「お帰りなさい、いまお風呂なの」

「ただいま」

「気持ちいいよ、あとで入ってね」

「うん」

自分の声がお風呂場でふわんふわん響く。ぱちゃぱちゃ、手をぐーぱーしてみたりする。帰りに友人の車で寝てしまって、体が冷えていた。いつもより熱い温度で入れたのにちょうどいい。しっぽの先まで温まるように体をまるめた。

音楽がかすかに聞こえてきて、何をかけたのかなと耳を澄ませたら、

「ジャーキー、食べたでしょ」

ガラス戸越しに、主人の声がした。

「なんで?」

言いながらドキッとしたけれど笑ってしまった。

「床に残骸がひとつ、落ちてたから、見たらラップが開いたあとがあった」

「食べてないよ」

「ほんと?」

「・・食べた。」

自分の声が反響して後ろから聞こえた。お腹すいたからちょっとだけ、というと、主人は笑って、あがったらご飯にしようねと向こうに行ってしまった。本当は、とってもお腹がすいて、帰ってすぐに小皿によそってぱくぱく食べた。でも一度に食べたら気分が悪くなったので、少し戻した。台湾で買ったビーフジャーキーだったので味が濃くて、美味しいのにもういいや、ってなったの。でもそれはないしょ。

 

ほかほかになって上がって、ふと気になった。

「帰ってうがい、した?」

「うん」

「してないでしょ」

「・・してない。」

どうしてうそ、つくの!と言いながらやっぱり笑ってしまった。

「お風呂、温まるよ。はいる?」

「うん」

私はゆっくり晩ご飯の用意を始めた。

 

お風呂場から声が聞こえる。

「ちゃんと髪ふいた?」

「・・・ふいた。」

「風邪ひくよ、ちゃんとふきなさい」

「・・はあい」

どうしてばれたんだろう。。確かに、ちょっと前から、頭が冷たいなと思っていた。夫婦って、なかなかおもしろい。

f:id:rumir:20100407200551j:plain

写真は、主人の実家の二匹のシェルティです。