読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ruru on the roof

大好きな絵と絵本と、日々のこと・・

屋根の上は畑

お出かけ

紫色の雲の向こうに、満ちるのに少し足りない月がかかっていました。友人の車に乗せてもらったときは山の端に陽が沈む最後のところで、降りたときにはちょうど暗くなっていた。いつも通り主人と友人がお喋りしているその間ずっと、後ろの座席で少しずつ月が光を増していくのをうっとりと眺めていました。

私だけ違う場所でお仕事だったので、それを終えてから待ち合わせの場所へ向かいます。少し時間があったので、(そうだ!)と大好きなお店に寄りました。

 

初めてその場所に行ったのは去年の春で、お仕事で知り合った京都のおじさまに連れて行って頂きました。

「面白い場所ができたんだよ。ここは日常生活にもたいへん使えるし、観光の方をお連れしても喜ばれるよ」

そういって連れてきて下さったのは、黒い箱のような建物の前でした。

「ここは、八百屋なんだよ。」

「ええ!!」

どきどきしながら中に入ると、そこはとても綺麗なスーパーでした。つやつやした野菜が並んで、パン屋さん、お惣菜、本格的なお肉屋さんも入っているの。吹き抜けになっている2階には、お洒落な雑貨屋さん、花屋さん、それから世界各国のお菓子や調味料がいろいろ!!(わくわく・・・!)

でも圧巻は3階です。

そこは屋上で、なんと、畑があるの。烏丸御池の真ん中に、畑!!ニューヨークで流行りのルーフ・トップ・ファームみたい!一面畑で緑が輝いていて、それを囲むようにレストランと、それから気軽にジュースが飲めるカフェがある。みつばちのおうちもあって、温室もあって、そこで育てたぴかぴかのお野菜を1階で売っている。

 

私はすっかり気に入ってしまって、週に1度は買いにいく。うちの近くのお店は野菜がとにかく美味しくて、いつもはそこを使うのだけど、ちょっと珍しい食材を足したくなった時は、いそいそお仕事帰りに寄っていくの。

ちなみに2階のお酒やさんには、ちゃんと木の箱に入っているものもあって、飲めないのにお酒をお贈りする機会が多い私は、店員さんに一緒に選んで頂いて、いつもとてもお世話になっています。お花屋さんはラッピングが可愛くて、すずらんや菫といった可憐なお花たちが、連れて帰ってもらうのを楽しみにしているような様子を見ると、つい足をとめちゃう。お料理の本や文房具やカードもあるし、その横にある器や箸置きは、ときどき並び替えされていて見ておかなくちゃいけない気がするし、とにかく何だか楽しいところなの。今日は久しぶりに京都でのお買い物だったし、嬉しくて隅から隅まで見て楽しみました。

 

お料理が好きなお友達やお母様をお連れしたら、きっともっと楽しいだろうな。早くもっともっと暖かくなって、みんな遊びにこないかな・・☆

f:id:rumir:20130614164900j:plain

(このお写真は去年の初夏のころの3階の畑です。)