ruru on the roof

大好きな絵と絵本と、日々のこと・・

よわよわ桜

寝込んでいるのをミイラみたい、なんて言っていたら、なんと主人はインフルエンザだった。三日目くらいで、そろそろ起きればいいのにと内心思っていたことの、ばちが当たったに違いない。気付いた時には私もちゃんとそれにかかって、すごくお腹が気持ち悪くて、ずっと眠たかった。少し良くなった主人がよろよろ看病してくれて、ふたりで果物や作ってもらったスープを少しずつ飲み、ようやくちょっとご飯が食べられるようになった。ああいうときはどうしてなのか、何かを考えようとしても全然まとまらなくて、何を考えていたのかすら分からなくなってしまう。起きて、ちょっとお喋りしていても気が付いたら眠っていたりして、ひたすら夢の中にいた。それで、気が付いたら土曜になり、ちょびっとだけ仕事をしてまた眠り、日曜になっていた。

 

とても寒い朝でした。温かい上着を着てマフラーをだしてきて、カイロをお腹と背中に貼ったけれど、辺り一面の桜を見たら自然と心がほどける気分になって、何度も足を止めてしまいそうになりました。風にのって 、花びらが一斉に流れるさまは、渡り鳥が移動するときみたいだと思った。きっといつもの春の桜は、穏やかで空気が止まったみたいな時が多いけれど、今日は珍しく寒くて風もあったからかな。まるで絵巻物みたいに鴨川に吸い込まれていく花びらを見ていたら、久しぶりにお外にでたということもあって、それこそ夢のなかのようでした。

用事を終わらせて、今日は先に帰らせてもらいました。あちらこちらで大きくて立派なカメラを構えている人たちが沢山いました。何度も頼まれて、家族写真やお友達との写真のシャッターを押しました。私も自分のささやかなカメラでぱちり、と春を一枚とりました。

f:id:rumir:20140406165800j:plainうちに帰って、久しぶりに少しだけ片付けをしたり、春物の入れ替えをしたりしました。そうして、のびのびしていたら気分がすっかり良くなって、甘いものが久しぶりに食べたくなった。そうだ!と思って、とっておきのチョコレートを3つぶ食べたら、すぐに気持ちがわるくなった・・どうやらまだ本調子ではないらしい。。。