ruru on the roof

大好きな絵と絵本と、日々のこと・・

ばくだん!

いつもの棚に、見慣れない野菜がある。

(なんだろう!)

お店は少し混んでいた。今日はちょっと荷物が多くて、じゃまにならないよう、他の野菜を見るふりをしながらゆっくりその野菜に近づく。

(爆弾だ!)

私は結婚するまで一人で野菜を買うことが無かった。関東にいたときは夜遅くまでやっているお店が駅の近くにあったから、帰り道に野菜を選んでいた。いつも同じお店で買っていたから、だいたいピーマンはこれくらい、とか人参はこんなもの、という基準がそこでできた。京都に来てから、こうしてみたことのない野菜にたくさん出会う。わくわく連れて帰ることにした。レジで、最近仲良しのお姉さんがカゴに移しながら、

「真っ黒ですねえ!」

というので、

「ね、爆弾みたい!」

といったら

「確かに!」

と笑い出した。それで何だか気分がほかほかして、ニコニコ袋につめた。人を一日5回笑わせるのが一番の健康法、と前にある本で読んでから、できるだけ実践するようにしている。誰にも会わないときには、主人を5回笑わせるか、楽しいことをたくさん考えるようにしているの。

家にかえって中身をあける。

f:id:rumir:20151205160100j:plain

f:id:rumir:20151205160200j:plain

(カブみたいだけど、大根って書いてあったしなあ・・)

割ってしまうのが勿体なかったけれど、興味しんしんに半分に割ったら中身は白かった。ツーンとつめたい匂いが鼻につく。これは辛そうだ、と思いながら薄ーく切って一口かじったら、辛い辛い大根おろしの味がした。必死でお水を飲んでから、作戦を練る。

(これは普通には食べられなさそうだから、じゃことおだしでホカホカに炊いてみよう)

いつもは皮をむくけれど、黒い皮が綺麗だからよく洗って、5ミリくらいの厚さに切って並べて、皮ごと煮込んだ。白いお腹と黒い皮とが交互に見えて、まるでシマウマのようだった。湯気がもうもうとたって、茹でても茹でても味がとがって、美味しくなるのにとても時間がかかった。

最近きいた話で、日本人が一番よく食べる野菜は大根らしい。キャベツかトマトかなあと思ったから、驚いた。その中には甘い赤いラディッシュや、白く太った丸いのや、この黒い爆弾も含まれるのかしら。

あとで調べたら、オレンジ色じゃなくて鮮やかに赤い人参や、こんなに黒い野菜もあるなんて京野菜ってすごいなあ、と思っていたのに、これはイタリアの野菜らしい。それだったら煮物じゃなくて、サラダのほうがよかったかな、お肉とつけあわせのほうがよかったかなあ。まあ、美味しかったから、いいか!