ruru on the roof

大好きな絵と絵本と、日々のこと・・

優しいストロベリーアイスクリーム

目をつぶると、ここひと月の間にみた絵や会った人や、桜がくるくると浮かぶのに、全部が夢のなかのような気がする。

「なんだか、ずっと寝てる気がする」

「いいじゃない。ゆっくりしなよ」

主人がお湯を湧かしてくれる。気がつくと、また夕方になっている。

「さっき、お昼だったのに。。」

月曜、火曜とお休みが2日ある!とわくわくしていたのに、日曜の晩に高熱が出てからあっという間に火曜の夜になってしまった。

「もう、寝るの飽きたの」

主人が笑う気配がする。私はのそのそ布団から出てくる。背中が固くて、肩がこっている。猫のように、全身をのばしていく。でも瞬時にくたびれてしまって、また布団に横になってしまった。

「アイス、食べる?」

アイス!!それは熱で寝ぼけたあたまに、とっても魅惑的な音で美味しそうに響いた。主人が仕事の帰りに買ってきてくれたの。

「食べる!!」

f:id:rumir:20160412183417j:plain

アイスを置いて、主人はまた仕事に出掛けてしまった。つまんないな、と思うけれど、アイスをとても集中して食べることにした。優しいピンクは口の中でじゅわ、と溶けた。熱があるといつもより溶けるのが早いのかしら。半分くらいまで食べてその作業にちょっと飽きそうになったけれど、パッケージをじいっと見たら、ちゃんとこれを選んで買ってきてくれた主人のことを思って嬉しくなった。それで幸せな気分になって、終わりまで食べました。

それからまたいそいそ布団にもぐって、さっきまで見た夢の続きを見ることにした。熱が下がったら、起きて夢のなかを生きられるのに、熱があるから夢のなかだけでしか遊べない。早く元気にならないかな。起きても主人がいなかったので、食べ終わったあとのアイスの写真を撮って、それからブログを書きました。書き終わってもまだ帰ってこなかったら、また寝ようと思います。