ruru on the roof

大好きな絵と絵本と、日々のこと・・

壁の向こう

鍵がない!!
と気づいたのは、くたくたになり家に着いた瞬間のことでした。玄関前に、トイレットペーパーや牛乳やパンを置いてリュックの中を探す。

(えー!!まさか!)

一瞬で背中に汗をかき、ドキドキしながらひとつひとつ荷物を取りだし、必死で記憶をたどる。鍵をいれた記憶はない。。どこにもない。
今日の朝は早かった。だけど、ぐずぐずして主人を起こした上に朝ご飯を作ってもらった上に、甘えてお見送りまでしてもらった。それで確かに、今日の私は鍵をさわらなかった。

(あらー。。)

どこか、開いてないかしら。手の届く窓を全部あたる。でも、本当は無駄とわかっていた。私だけなら半分くらいの確率で開いていることもあるけど、何せ主人が戸締まりをしたら、まず開いているなんてことは、ない。
いろいろしてみようとしたけど、窓やドアを壊したりもできないし、どうにもならない。
仕方ないから、少しお花を植え替えたりした。でも日もすぐに暮れてきて、だんだん手元が見えなくなってきた。。
主人に早く帰ってきてねと3通もメールしたけど、仕事中だし返事がまだない。汗もひいて、ちょっと涙がでてきた。

 
山のきわが闇に溶けて夜が広がっていくのを見ていたら海みたいだと思った。遠く近くに灯りがともる。2時間したら主人が帰ってくるはず。帰りを待つ犬ってこんな気持ちかしら。。耳元にくる蚊を避けながら玄関の灯りの下をうろうろ歩く。

ふと、駅と逆方向に散策するならひょっとして今日かしらと思ったけど(引っ越してから、まだ駅との家の往復しかしていないの)道が全然分からないし、真っ暗でどうにも恐ろしい。20分くらい自転車をこいで駅に出たら夜遅くまで開いているカフェがあるけど、ここ数日、用事が続き、今日も朝から晩まで頑張ったからくたくただった。私は荷物のうえに座り込んだ。壁の向こうにはあの幸せの世界が広がってるんだと思うと絶望的な気持ちになった

f:id:rumir:20170422190519j:plain
山の向こうで、花火の音が聞こえる。春から住んでいるこの家は、目の前が田んぼで自然いっぱい山も川もいっぱいのところ。見たことのない生き物がたくさん住んでいる。そんな、何かの生き物たちのなかに、剥き身でいるのはなんとも心細い。
小さいころ、大人になったらもっと色々なことが出来るようになったり恐いことなんて無いんじゃないかと思っていたけれど、なんだかあまり変わらない。鍵がなければお家に入れないし、綺麗な石が落ちていたら拾いたくなるし、転んで擦りむいたりするし、家電が壊れたら誰か直してくれないかと思うし、やらなくちゃいけないと思うとやりたくないし、やっぱり家族の声を聞いたらうんと安心する。

大きな世界のなかの小さな自分を感じながら、母と、主人のお母様に窮状を訴えて甘やかしてもらい、携帯電話で話しながら星空を見上げていたら、坂の向こうから主人が急ぎ足で帰ってくるのがみえてきた。きっと、また呆れただろうな。。。