ruru on the roof

最愛の主人が突然、亡くなりました。6月の美しい夕方のことでした。私がご用事で3時間出掛けて帰ってきたら倒れていて、救急車を呼んで救急隊の皆さまや病院の先生方が一生懸命して下さったけど、もう目を開けてはくれませんでした。

3、4年前から体調を崩していたけれど、ずっと変わらずうんと優しくしてくれ毎日を過ごしてきました。主人は色々自分で工夫して、治そうと一生懸命過ごしてきました。昨年からは病院が大きらいなのに頑張って毎回ふたりで通いました。(レントゲンにも、どのお部屋にもお医者さまに笑われながらついていきました)それで特にこの春は久しぶりに元気で、快方に向かっているんだと思っていました。前日まで一緒にお仕事にでかけたくらい。一昨日は将棋もエアトランプもしました。主人が元気なのがとてもとても嬉しくて、ささやかなこのブログをまた書きはじめたりしました。

 

ちょっとだけ、主人のはなし。
主人は私の習い事の先生で、10歳のとき主人をテレビで見て「この人みたいになりたい」と父に教室を探してもらい出逢いました。インターネットのないときです。14歳から稽古を見て頂くようになり、全然相手にされませんでしたが、私はずっとずっと大好きでした。ほとんど毎日を稽古場で過ごして、でも結婚してからは13年間毎日一緒で、思い返しても夢みたいに本当に幸せな毎日でした。一回り年上の主人は、シャイで誠実で、絶対うそをついたりごまかしたりしない、仙人のような人でした。自分の生き方を通した人で、今もいちばん大好きで尊敬しています。


主人の葬儀が終わってお部屋で泣いていたら、窓の外で花火があがりはじめました。そうしたら激しい雨が降りだして、見たことのない雨の中の花火はとても綺麗でした。

その晩遅く多忙な弟が急に仕事で京都泊になって寄ってくれたり、数ヵ月に一日しかない幼なじみのお休みが偶然葬儀の次の日で、東京からうちにきて朝から晩まで手伝ってくれました。主人の最愛の弟さんが支えてくれ、ほかにも偶然がたくさんでした。きっと心配症の主人が色々準備してくれたんだろうな。。

帰り際、幼なじみが

「この扉、なぁに?」

と聞きました。

「あのね、この部屋からだけ、屋上にのぼれる階段があるらしいの」

と説明したら目を輝かせたので、扉を開けて二人で屋根に登りました。主人がとっても危ないし、そんなことしちゃだめと言うので無いことにしていて、私自身忘れてたの。

でも登りました。

初めて京都にきて屋根に登り、きゃあきゃあ喜ぶ幼なじみの隣で遠くの連なる山々や家の屋根を眺めていたら、何が本当にあったことでどれが夢か、時間も空間も全てが何が何だかよくわからなくなりました。

屋根が淡いピンクオレンジに染まります。ちぎった雲がゆっくり風にとけて形を変えながら移動していました。私は手すりに腰かけて、ぼんやりしました。高いところが苦手な主人も、いま一緒に登ってるのかな。なんて言うかな、、と思っていたら、

「ね、これ、ルルオンザルーフになってるよ」

幼なじみがいつもの笑顔で言いました。私は息をのみました。ブログを書いてみようかなと作ったとき、タイトルをどうしようかなと主人に聞いたら、ちょっと考えてから笑ってそう答えたからでした。

「・・・ほんとうに!」

それから小さいころ、小学校のプールの屋根に登って校内放送で叱られたり、当時住んでいた家でも私がすぐ屋根に登ろう登ろうとしていた話を彼女がしてくれて、懐かしくて可笑しくて、、久しぶりにうんと笑いました。きっといつものように、主人がしてくれたことだなと思ったらますます空が美しく複雑な色に広がって、私たちは長いこと屋根の上にいました。

f:id:rumir:20210630174728j:plain


いったん、ルルオンザルーフのブログはこれでおしまい。。

でもまたどこかで、皆さまとお目にかかれたらいいなと願っています。

まさかこうなると思わなかったけど、私にとって本当に大切な毎日だったんだなと、読み返すだけで幸せな気持ちになります。主人の弟さんがきっかけをくれて、たまたまブログというものに出会い、初めてだったし誰あてにというわけでもなく、ささやかな日記のつもりで書き始めました。でも思いがけずたくさんの方に読んで頂き、コメントやメールや、お星さまをたくさん頂いたりして、ブログの世界ってこんなかんじなんだ!と楽しくすごさせて頂きました。

面倒くさがりで、書きはじめたら楽しいけど、そもそもブログを書いてること自体を忘れちゃうような私がそれでもコトコト続けられたのは、「続きはまだですか」というメールを頂いたり、「きみ、読んでくださる方がいるのに、そろそろ書かないといけないんじゃないの」と主人が心配するからでした。でもいま、書いて本当に良かったなと思っています。主人との暮らしはガラパゴス諸島みたいに独特な空間だったから、書いてなかったら自分でも夢だったんじゃないかと思ってしまったかもしれません。。本当に大切な毎日でした。


いまは主人の弟さんがずっと気にかけてくれ、家族や友人たちに支えられゆっくり偲んでいます。主人と作ったたくさんのお話や絵本の種やかけらを、少しずつ形にしていくのが私の次の夢と目標です。

そのときはまたお知らせしますね!

 

主人と私のささやかな日常を読んでくださって、ありがとうございました。皆さまもどうぞお体ご自愛ください。

今日も皆さまにいい日でありますように☆